あっという間に小顔になる方法とは【理想的なフェイスラインの実現】

コンプレックスをなくす

看護師

よく相談してから決める

顔の大きさには個人差がありますが、顔が大きいことがコンプレックスになっているという人もいます。顔の大きさは、骨の大きさや形が関係します。また、いわゆるエラの部分が目立っているために顔が大きく見えるという人もいます。エラの張りは、骨格ではなく、筋肉が発達しているためにエラが目立つという人も少なくありません。また、身長や体格と顔の大きさの対比によっても見た目の顔の大きさは異なってきます。顔が大きいと悩むために、何事にも消極的になってしまっている人などもいるようです。そんな時には、小顔にする様々な方法を試すことでそれが解消できるかもしれません。小顔になる方法としては、目の錯覚を利用する方法や、物理的に顔を小さくする方法などがあります。目の錯覚を利用する方法としては、メイクがあります。しかし、メイクをしない人の場合にはこの方法は利用できません。また、メイクをしていない時も小顔でいたいと願う人もいます。そのような人が小顔になる方法としては、美容整形があります。美容整形によって小顔になる方法は、一つではありません。エラが張って顔が大きく見える場合、ボトックス注射をすることでエラの筋肉を細くし、小顔にすることができます。この方法は注射のみの美容整形なので、時間が短く、すぐに家に帰ることもできます。また、骨を削って顔を細くする方法もあります。この方法は手術を行うので、ダウンタイムなどもかかりますが、一度施術をすれば、半永久的に小顔のままでいることができます。小顔になる方法として、どれが最適な方法なのかは、カウンセリングや診察を受けて、医師とよく相談することが大切です。また、カウンセリングや術後の説明などでは、美容整形を受けるときの注意や、守ることなどを話してもらうことができます。美容整形を成功させるためにも、医師の注意などはよく聞いておくことが大切です。受診するときには予約をするところも多くあります。予約は電話やインターネットなどからすることができます。急な用事などで受診できない場合には、連絡を入れるようにすると次回もスムーズに受診することができるので、必ずキャンセルの連絡を入れるようにします。